きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

2月に30歳 プロ13年目の杉谷拳士“よりスギノール化?” 「右打席も左打席も」

エンタメ・スポーツ 友だち追加

1月12日 オンライン取材に応じる 杉谷拳士選手

 北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士選手(29)が新シーズンを迎え、沖縄県で行っている自主トレーニングを公開しました。今回のトレーニングは、チームメートの郡拓也選手(22)、清宮幸太郎選手(21)、野村佑希選手(20)ら、若手選手と一緒に汗を流しています。

 「4人5人で練習して、みんなで出来ることが多くなったので、2020年以上に2021年は充実感を感じています。若い子たちに引っ張ってもらって、1日1日が本当にあっという間に過ぎている印象です」

 一緒にトレーニングを積む選手の中で、杉谷選手は特に清宮選手の成長に目を細めています。

 「皆さんに言いたいのは清宮幸太郎進化中ですよ。目配り、気配り、心配りなど色んな部分で成長しています」

 2021年シーズンがプロ13年目、2月には30歳になる杉谷選手。2021年シーズンの目標を語ってくれました。

 「2021年シーズンは、出るからには頭から出たいという気持ちはあるので、右打席も左打席も均等に打つことができればなと思っています。2020年シーズンは右打席が良い感じで一年間過ごせて、左打席は後半大分足引っ張ったなという印象だったので、年間通して右打席も左打席も同じような成績を残すことが出来たら近づくのかなと思います。1年間健康に過ごすことが2021年も課題になってきますし、1年間通して一軍でプレーして、1勝でも多く積み重ねて優勝を狙える、中心選手でいられるようにしたいです」と語りました。