きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【札幌】ブラジル人トリオがチームに合流 新加入選手含めポジション争い激化

エンタメ・スポーツ 友だち追加

1月26日 コンサドーレ沖縄キャンプに合流したブラジル人3選手

 J1北海道コンサドーレ札幌のブラジル人トリオ、ルーカス フェルナンデス選手(26)、アンデルソン ロペス選手(27)、ドウグラス オリヴェイラ選手(26)が2021年1月26日、来日後の隔離期間を終え、沖縄キャンプ中のチームに合流しました。

 気温23度、温暖な気候の中、チームに合流した3選手は、チームメイトに挨拶を行ったあと早速練習に参加。厳しいトレーニングを行っていました。新加入選手とも初顔合わせ。今後は、激しいポジション争いが繰り広げられます。

 ルーカス フェルナンデス選手は「キャンプ序盤は厳しいトレーニングが続いてハードだが、できるだけ良い状態に持っていけるように頑張ってやっていきたい。個人的には最低限3位以内に入りたい。僕自身はタイトルを獲れる、タイトル争いができるチームになると信じているので頑張ってやっていきたい」とコメント。

 アンデルソン ロペス選手は「戻って来られて非常にうれしい。2019年からコンサドーレのチームメイトに優しく迎えてもらって、いつも良い雰囲気の中で練習や試合ができています。今回も同じような雰囲気で練習ができています。良いシーズンにできればいいと思います」とチームメイトとの再会を喜んでいました。

 また、ドウグラス オリヴェイラ選手は、2021年シーズンの目標を問われると…「2020年シーズンは上位チーム、優勝争いしたチームと対戦し、アウェーでも戦える、良い結果を残せるんだという証明ができました。さらに、中位、下位チームに対しても結果を求めて、ホーム、アウェーでもっと結果を残していければなと思います」と応えました。