きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道の天気 1/11(月) 寒さのトンネルにようやく出口!今週は気温上昇とともに荒天のおそれ

天気 友だち追加

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆午前11時の積雪
道内の積雪は多い所で人の背丈ほどになっています。
幌加内町は192センチ、岩見沢でも168センチの積雪があります。
岩見沢の積雪は平年の約2.5倍、
新篠津村では平年の3倍に迫る量になっています。
ただ、午後は極端な大雪になるところはなさそうです。

◆午後の天気
日本海側は雪ですが、降る量はそれほど多くない見込みです。
あす12日朝までに上川北部や留萌、空知などで多くて15センチの予想です。
海沿いは風が強く、ふぶく所がありそうです。
道東は乾いた冬晴れでしょう。

◆予想気温最高
各地でマイナス気温です。
旭川や北見は氷点下6℃、札幌は氷点下3℃の予想です。
水道管の凍結にご注意ください。

◆2020年末から寒さが続く
最高気温が0℃に届かない真冬日が、札幌では2020年の暮れからきのう10日まで16日も続いています。
さらに、幌加内町朱鞠内では、ほとんど丸1か月も、真冬日が続いているんです。
長く続いた寒さですが、ようやく出口が見えてきました。

◆札幌の予想最高気温
あさって13日はプラスの3℃、その後も厳しい寒さはいったんお休みとなりそうです。
ただ、手放しでは喜べません。
というのも、気温が上がるタイミングで、低気圧が近づいてくるからなんです。
荒れた天気となる可能性もありますのでご注意ください。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
12日の札幌は夜に雪が降るでしょう。
13日は旭川や北見でもプラス気温となり、湿った雪が降りそうです。
屋根からの落雪や雪崩に注意が必要です。

・太平洋側
12日夜は天気が崩れ、苫小牧ではみぞれが降りそうです。
釧路では13日朝はふぶくかもしれません。
土曜日も低気圧の影響で、広い範囲で雪が降る見込みです。