きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

5人死亡 115人感染北海道 "病院や部活動"の感染拡大なお続く…重症者も増加傾向

社会 友だち追加

感染者情報を発表した北海道

 北海道は1月6日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された23人の詳細を発表しました。

 北海道発表分として新たなクラスターは確認されず、これまでのクラスターが拡大しています。

●高校の運動部活動(苫小牧市)
 新たに生徒の感染が確認され、この関連の感染者は生徒計19人となりました。


●接待を伴う飲食店(胆振地方)
 新たに利用客の感染が確認され、この関連の感染者は計22人(従業員13、利用客9)となりました。


【1月6日北海道発表分の感染者情報】
▼空知地方:1人

▼石狩地方:2人

●千歳市:2人

●恵庭市:1人

▼後志地方:4人

▼胆振地方:6人

●室蘭市:1人

●苫小牧市:3人

▼オホーツク地方:1人

●音更町:2人


 6日は5人(北海道発表分1、札幌市4)が死亡、感染者は札幌市72、旭川市1人、函館市4、小樽市15人が確認され、あわせて115人。6日ぶりに100人を上回り、2021年に入り最多となりました。

 札幌市を含め新たなクラスターは2日連続で確認されませんでした。

 115人中、49人の感染経路が不明で、重症者は前日から1人増えて24人。うち札幌市は前日と変わらず13人でした。

 北海道が独自に定める警戒ステージは「3」で、重症者数は指標を下回っていますが、ステージ3の指標「25人」が目前に迫ってきました。

 鈴木北海道知事は、感染者数は減少傾向にあるものの「下げ止まっている」状態だとして、医療提供体制は予断を許さず、「集中対策期間」としている1月15日までは引き続き感染拡大防止への協力を求めています。

 北海道内の感染者は、計13936人となりました。

  • みんテレ