きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

船に接近・威嚇も…湖で泳ぐヒグマ 漁船からとらえた迫力映像「個体数増加」の指摘も

事件・事故 社会 友だち追加

 湖をスイスイと泳ぐ黒い生き物。体長2メートルほどのヒグマです。時折船に接近するなど迫力の様子がカメラにとらえられています。

 視聴者:「怖い、めっちゃ速く泳いでいる」

 船と並んで泳ぐ体長2メートルほどのヒグマ。2020年11月、根室市と別海町にまたがる風蓮湖で漁に向かう途中の漁船から撮影されました。

 視聴者:「ガオガオって言っている」「やばいやばい、来た」

 うなり声をあげながら威嚇するように漁船に向かってくる様子も。

 北海道立総合研究機構 間野 勉さん:「泳ぐのは上手ですね。3年前にも北海道北部の利尻島にクマが渡ったという記録もある。あそこは海峡の幅が18キロくらいありますのでそのくらいの距離は泳ぐ」

 風蓮湖では2020年6月にもクマが泳ぐ姿が捉えられていました。見慣れないヒグマの目撃が増加する背景に専門家は道東で過疎化が進んでいることで、クマの生息域が広がっているとみています。

 北海道立総合研究機構 間野 勉さん:「可能性としてはこの周辺でのクマの活動性が高まっている。個体数の増加がおきている」

  • みんテレ