きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

年越し寒波の余波…"水道管凍結"の問い合わせ過去11年で最多1409件に 札幌市

友だち追加

水漏れし天井からつららも(撮影:視聴者)

 北海道内は2020年末から続く寒波の影響で記録的な寒さとなり、札幌市では水道管の凍結が相次いでいます。

水漏れでロビーは水浸しに(撮影:視聴者)

 札幌市では、元日の最高気温が氷点下8.9℃と過去144年の記録の中で最も寒い元日となった他、12月30日から5日連続で最低気温が氷点下10℃を下回りました。

 記録的寒さの影響で札幌市内では水道管の凍結が相次いで発生していて、札幌市水道局によりますと12月29日~1月3日までの6日間で水道管の凍結に関する問い合わせは最も多かった1月2日の533件を含め、1409件に上ったということです。

 年末年始の6日間では、2010年度からの11年間の統計で最多となっています。

札幌は5日連続で氷点下10℃以下に

 また北見市でも1月1日と2日は氷点下20℃を下回り、年末年始の6日間で227件の水道管凍結が発生しました。

 週末にかけても平年を下回る寒さが続く予想で、札幌市水道局は引き続き水道管の凍結に注意するよう呼び掛けています。