きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

中央分離帯に乗り上げる事故…駆けつけると"酒の臭い" 62歳男逮捕 無免許も発覚

事件・事故 社会 友だち追加

酒気帯び運転と無免許運転の疑いで男を逮捕した北海道警厚別署

 無免許の上、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、62歳の男が逮捕されました。

 道路交通法違反(酒気帯び運転・無免許運転)の疑いで逮捕されたのは、北海道北広島市に住む自称交通誘導員の62歳の男です。

 男は12月30日午前1時10分ごろ、北広島市輪厚の路上で、無免許で酒気を帯びた状態で車を運転した疑いがもたれています。

 男は直前に中央分離帯に乗り上げる単独事故を起こしていて、目撃者が警察に通報。駆けつけた警察官が男の酒の臭いに気付き検査したところ、呼気から基準値の倍以上のアルコールが検出されました。

 さらに免許証を調べたところ、男は2020年に免許の取消処分を受けていて、無免許状態だったこともわかったということです。

 調べに男は容疑を認めていて、警察は事故前の男の行動などを詳しく調べています。

  • みんテレ