きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

無症状から"重症寸前"まで進んだ闘病生活…高熱・隔離の不安の中で感じた「感染力」

コラム・特集 友だち追加

 もし新型コロナウイルスに感染したらどうなるのか。北海道文化放送のロシア特派員が感染し、自らの闘病の様子を記録しました。

【UHB特派員の報告】

 新型コロナウイルスの感染者が世界で4番目に多いロシア。

 これまでに約300万人、毎日3万人近い感染者が出ています。

 2020年10月の一時帰国の際にある事態が。

 平熱で体調は良く、東京・羽田空港でのサーモグラフィーの検温も問題ありませんでしたが…。

突然の「緊急入院」

 医師:「ちょっとチクッとします」

 空港での問診で顔が赤いと指摘された後、抗原検査で新型コロナウイルスの感染が判明。

 熱が37度3分あったため、東京都内の病院に緊急入院することになりました。

 病室は完全個室で、外には一切出られません。

 10畳ほどの部屋には、トイレやシャワーが付いていますが、部屋の中の気圧を管理しているため、窓も開けられません。

 突然の事態に戸惑う中、医師が持ってきた肺のCT画像に写っていたのは…。

新型コロナウイルスの「典型的な影」を医師が指摘

 医師:「淡い影が多発するのが新型コロナの特徴です。これが新型コロナの典型的な影です」

 新型コロナウイルスの感染判明…動揺が続く中、医師の説明が始まりました。

 医師:「普通は真っ黒に写って(血管の)枝があるだけなんですが、ここに淡く白く写っているのが分かりますか?こういったところにも。影ですね。こういう風に肺の外側の部分に面するように淡い影が多発するのが新型コロナの特徴です。これが新型コロナの典型的な影です」

 白い影だらけになった肺を目の当たりにし、改めて事の重大さを実感しました。

 その後、息苦しさが増してきて、咳が止まらなくなりました。

 関根 弘貴 記者:「先ほど測ってみたところ、39度7分まで上がっています。その看護師さんに氷枕を持ってきてもらいました。呼吸も大きく勢いよく吸い込んでしまうと苦しいので、小さく細く吸い込むように気を配っています」

  • みんテレ