きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ禍の今がお得!まだ間に合う"ふるさと納税"のススメ 寄付で地域の応援を

コラム・特集 友だち追加

まだ間に合う!「ふるさと納税」

 うれしい返礼品がもらえる「ふるさと納税」。

 2020年の寄付の期限が12月31日と迫ってきた中、かけこみで寄付をするにも「どれを選んでいいのかわからない」という方々のために…「コロナ禍の今がお得!まだ間に合う!ふるさと納税のススメ」

いまさら聞けない…「ふるさと納税」の基本

 まずは、ふるさと納税の仕組みから見ていきましょう。

 市民が応援したい町や欲しいものを提供している自治体に対し、ふるさと納税のサイトを通して現金やクレジットカードで寄付をします。

 すると後日、寄付した街から野菜やチーズ、肉などの返礼品がもらえるという仕組みです。

 さらに簡単な手続きをすることで、寄付をした翌年に所得税の還付や住民税の控除が受けられます。

 実質2000円の負担で好きなものをもらえるため、現在は多くの人がふるさと納税を始めています。

 あまりにもお得なことから、あるトラブルも…。

 宝石やパソコン、商品券など、高価な返礼品がある自治体に寄付が集まり、過激な競争が発生してしまったのです。

 そこで総務省は、2019年6月から大きく制度を変更しました。

 1.返礼品は寄付額の3割以下
 2.地場産品に限る

 そんなふるさと納税、コロナ禍で巣ごもりが増えて、各地の寄付が増えているとのこと。

 前年比だと4月~10月は1.5倍も増えていて、過去最高を更新する可能性もあります。

 さらに12月はかけこみ寄付が増え、各社でお得なキャンペーンを開催中です。

 たとえば「さとふる」では、アプリ限定で寄付額1%相当がペイペイギフトカードで返ってきたり、1万円分のギフトカードが当たるキャンペーンを行っています。

トレンドは「緊急支援」&「クラウドファンディング」

 何かとお得なふるさと納税。2020年はどんなものが流行ったのか?実はトレンドがあります。

 1つ目のトレンドは「緊急支援品」。

 緊急支援品とは、生産者を支援するために安く、増量したものを指します。

 たとえば福岡県須恵町「福岡県産あまおう 1080g(寄付額9000円)」。

 通常よりも1割お得なものですが、なんと一週間で2000件の申し込みがありました。

 同じく九州の宮崎県木城町「宮崎牛切り落としスライス 1kg(寄付額11000円)」。

 通常の半額の商品ですが、50倍の申し込みがあったとのことです。

 2つ目のトレンドは「クラウドファンディング型」。

 最近世に出回った新しいサービスです。ふるさと納税でも返礼品を求めない事業支援が増えています。中にはコロナ禍で医療従事者への支援などもあります。

 そんな中、返礼品をもらえる自治体が。

 例えば北海道富良野市では、寄付額8000円からで乳製品や果物などがもらえます。

 寄付する際の使い道で「観光の振興」を選び、3810万円集まると…。

 なんと、富良野市が舞台の『邪神ちゃんドロップキックX』のアニメが製作されるということです。

 邪神ちゃんは以前にも千歳市が舞台でアニメを製作し、話題となりました。その結果千歳市に観光客が集まり、街が非常に盛り上がったそうです。

  • みんテレ