きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

時効成立まで8か月余…女子高生の下着や学生証盗み当時18歳少年逮捕 決め手は指紋

事件・事故 社会 友だち追加

窃盗などの疑いで男を逮捕した北海道警苫小牧署

 6年前、窓から住宅に侵入し学生証や女性の下着を盗んだとして、当時18歳の少年だった24歳の男が逮捕されました。警察は余罪は十数件あるとみて捜査しています。

 住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、北海道室蘭市に住む会社員の当時18歳の少年だった24歳の男です。

 男は2014年9月3日午後8時ごろから9時ごろまでの間、苫小牧市の50代の男性の家に侵入し、室内から女性用のブラジャーやパンツ・学生証など23点(時価総額1660円)を盗んだ疑いが持たれています。

 警察によりますと、男が盗んだのは男性の10代の当時女子高校生だった娘が所有するもので、男は無施錠の窓から侵入していたということです。

 被害届けを受けて捜査していた警察が、現場に残されていた指紋と、別件の捜査を進める中で男の指紋が一致したことで12月16日逮捕しました。

 窃盗の時効は7年で、成立まで1年を切った中での逮捕でした。

 調べに男は「下着や学生証が欲しくてやった」と容疑を認めています。

 警察は別の女性からも同じような窃盗などの被害届が出ていることなどから、余罪は数十件に上るとみて捜査を進めています。

  • みんテレ