きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「約3倍かかる」市民困惑…地下鉄運行再開も復旧見通し立たず "大量の地下水"流入か

社会 友だち追加

 駅構内の漏水が続く北海道札幌市営地下鉄・南北線の北34条駅では、12月16日も排水作業が続けられていますが復旧のめどは立っていません。

 駅に止まらず素通りする地下鉄。

 南北線の麻生~北24条間は12月15日運行が再開されましたが、漏水が続いている北34条駅は依然として閉鎖が続いています。

 安野 陽介 ディレクター:「こちらから札幌方面に向かうには、代替バスに乗り、北24条駅で地下鉄に乗り換えなければなりません」

 北34条駅の利用者:「札幌駅まで行くんですけど、10分程度で行けるところが3倍くらい時間がかかる」「早く復旧してほしい」

 市交通局によりますと、連絡通路の点検口内部で外壁からの浸水が1か所見つかりました。

 浸水量は毎分2600リットルとみられ、複数箇所で地下水の流入が起きている可能性があります。

 原因や経路は不明で、復旧の見通しは全く立っていません。

  • みんテレ