きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"今季最強の寒波"襲来…大雪と寒さ続く 北海道各地で真冬日&初の氷点下20度以下も

天気 友だち追加

 北海道内は冬型の気圧配置と、今季最強の寒波の影響で、日本海側で局地的な大雪となっています。12月16日にかけて、大雪と寒さに注意が必要です。

 留萌市では、視界が悪くなるほど雪が強く降りました。

 14日午後5時までの24時間で降った雪の量は、岩見沢市で45センチ、新篠津村で44センチなど、日本海側で局地的な大雪となっています。

 札幌でも朝は一時的に雪が強まり、午前10時の積雪は3センチと、13日ぶりに1センチ以上の雪が積もりました。

 交通機関にも影響が出ています。午後5時時点でJR函館線は、岩見沢駅の雪の影響で普通列車4本が部分運休となりました。

 日本海側は、12月15日夕方にかけて多い所で50センチの大雪となる予想で、交通障害に注意が必要です。

 また14日朝は、北海道北部の枝幸町歌登と中頓別町で全国で初めて氷点下20℃を下回りました。

 北見市では、氷点下14.3℃まで下がり、川から立ち上る霧が凍り、花の形のようになるフロストフラワーといわれる美しい現象がみられました。

 日中も気温は上がらず、札幌で今季初めて一日中氷点下になるなど、多くの地点で真冬日となりました。

  • みんテレ