きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「コロナを防げ!正しい換気法」職場編 窓開かない&24時間換気でも"扇風機"活用を

友だち追加

 シリーズでお伝えしている「コロナを防げ!正しい換気法」。

 窓が開かないオフィスでも「ある家電」で手軽に換気できる方法を専門家に教えてもらいます。

 北海道内でも職場から家庭へとウイルスが持ち込まれるケースが確認され、感染拡大の一つの要因となっています。

 そこで、快適なオフィス環境を手軽に整える方法を、北海道医療大学の塚本容子先生に教えてもらいました。

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「窓が一見あるようで、多くの企業で高層ビルだと開閉できないところもある」

 たとえ窓が開けられなくても、感染対策として換気は必要です。こうしたケースで、よくオフィスにあるのが…。

24時間換気でも"自ら"換気を行うのが大切

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「ビル内だと24時間換気されるところもある。人が密になったときは、24時間換気でも換気をする必要がある」

 たとえ自動で換気が行われていても、プラスアルファの換気が必要だといいます。

 では窓が開けられない場合、いったいどうすればいいのでしょうか…。

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「風を送り出して強制換気という方法もある」

 窓が開けられない場所で行う強制換気は、ある電化製品を使うと簡単に換気ができるんです。

夏の風物詩は真冬でも活躍

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「例えばここがオフィスだとしたら、向こう側にドアがあるがこちら側には窓がありません。こちら側に扇風機を置いて、扇風機の数は部屋のサイズに合わせると良いと思います。大きいサイズの扇風機がない場合は、時間をかけてまわせばいい」

 扇風機を出入口方向に向けて強制的に空気を送り、換気と同じ状態になるといいます。

 家庭でも身近な扇風機。自宅の換気にも応用できそうです。

出入口へ風を送るのがポイント

【職場での正しい換気法】
窓が開かなくても、24時間換気システムがあっても「換気は必要」

→扇風機を活用し「強制換気」を

  • みんテレ