きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"迷惑行為"繰り返してきた客…たばこ購入断られコンビニ店員の足蹴る 35歳男逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

暴行の疑いで35歳の男を逮捕した北海道警函館中央署

 コンビニエンスストアの駐車場で、30代の男性従業員の足を蹴ったとして、35歳の男が逮捕されました。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、北海道函館市に住む職業不詳の35歳の男です。

 男は12月1日午後10時10分ごろ、函館市湯川町にあるコンビニエンスストアの駐車場で、30代の男性従業員の足を蹴った疑いがもたれています。

 その様子を見ていた通行人が110番通報し事件が発覚。警察官が現場周辺で男を発見し、翌日逮捕しました。

 警察によりますと男は犯行の直前、この店で「カルパス」と「たばこ」を購入しようとし、たばこの購入を従業員に断られたことで支払いをせず商品を手に店外へ出たということです。

 従業員が呼び止めたところ、男は商品を投げつけた上、男性従業員の足を蹴り立ち去りました。

 男はここ数か月の間、この店で酔っぱらって床で寝たり、たばこをくわえたまま入店し吸い殻を店内に捨てたりする"迷惑行為"を繰り返していて、店側が警戒していた人物だったということです。

 調べに男は「たばこを買おうとしたら断られ、大声を出して追いかけられたので、怖くなって蹴った」と容疑を概ね認めていて、警察は調べを進めています。