きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"火のついた着火剤" 郵便受けから室内に投げ込まれる…住人の女性が自力消火 警察は放火事件として捜査

事件・事故 友だち追加

事件を捜査している北海道警察釧路署

 釧路市のアパートで12月1日、火のついた着火剤が郵便受けに投げ込まれる事件があり、警察は放火容疑で捜査しています。

 事件があったのは釧路市鶴ケ岱1丁目のアパートの一室です。

 12月1日午前0時54分ごろ、このアパートの管理人から「郵便受けから火のついたものを投げられた」と警察に通報がありました。

 警察によりますと 玄関ドアの郵便受けから部屋の中に、火のついた着火剤数本が投げ込まれたということです。

 火はこの部屋に一人で住む72歳の女性が水をかけるなどして自力で消火しました。

 女性にケガはありませんでした。

 警察は何者かが火のついた着火剤を投げ入れたとして、放火容疑で捜査を進めています。