きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

インフルワクチンがない…過去最大の量準備も"コロナ禍"で希望者殺到 「流行規模は縮小」適切な予防策を

くらし・医療 友だち追加

 コロナ禍の余波が思いもかけぬところに及んでいます。今、インフルエンザワクチンが不足し、接種できないという人が相次いでいるのです。そのワケは?そして、どうしたらいいのでしょうか?

 札幌市民:「(病院でワクチンが)なくなりかけていると言われた」

 札幌市民:「足りなくなるので早めに打ったほうが良いですよと言われて、10月末に打ちました」

 札幌市民:「会社で(集団接種)したんですが、2回目の人たちが在庫なくなって打てなくなった」

インフルエンザワクチンが全国的に不足

 今シーズン用意されたインフルエンザワクチンは約6600万人分。過去最大の量です。昨シーズン実際に接種されたのは約5600万人分で、1000万人分の余裕があると見られていました。しかし現在、全国的に不足しています。

 クリニック・イン・ザ・モーニング 岡田 純一 院長:「11月半ばでワクチンがなくなるのは初めての経験です。卸会社が在庫を確保できないと聞いている」

外来での接種を中止するクリニックも

 こちらのクリニックでは、10月から高齢者施設や企業などで集団接種を行ってきましたが、現在在庫が底をつき外来での接種は受け付けていません。一体何が起きているのでしょうか?そこには意外なコロナ禍の影響がありました。

 過去最大の量を準備したのに不足が続くインフルエンザワクチン。一体何が起きているのでしょうか?

 クリニック・イン・ザ・モーニング 岡田 純一 院長:「新型コロナウイルス流行への恐れが要因。東京・大阪・福岡などの大都市圏で65歳以上を無料にした。接種人数が一気に増えた可能性がある」

 2020年9月、厚生労働省はインフルエンザが重症化しやすい高齢者などに対し、10月中のワクチン接種を勧めました。また、東京都や大阪府などでは高齢者を無料化。札幌市でも1400円と比較的安い料金で接種できます。そのため、接種する人が大幅に増えたのです。その結果、秋の時点で…。