きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

出稼ぎ先の製鉄所から重さ200キロ"高炉用部品"盗み出し売却…鍛冶工ら男3人組逮捕「金が欲しかった」

事件・事故 社会 友だち追加

盗まれた高炉(提供:北海道警)

 製鉄所の倉庫から高炉用の部品を盗んだとして、鍛冶工の男ら3人が逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、いずれも室蘭市に住む鍛冶工の36歳の男と、解体作業員の男ら計3人です。

 3人は9月19日夜、共謀して製鉄所内の倉庫に保管されていた高炉用部品2個(時価24万円)を盗んだ疑いが持たれています。

 製鉄所内の高炉では改修工事がおこなわれていて、3人は北海道外から出稼ぎにきて作業をする同僚だったということです。

 今回3人が盗み出した部品は銅製で直径約40センチ、高さ約50センチで重さは200キロほど。

 1000℃を超える熱風を高炉へ吹き込むための器具だったということです。

 3人は部品を盗み出した後、室蘭市に隣接する苫小牧市内の金属回収業者に売却していて、盗品捜査をしていた警察が発見したことで3人の関与が浮上。

 改修工事が終了し、北海道外へ帰る予定が迫る中、11月27日逮捕されました。

 調べに3人は「お金が欲しかった」などと容疑を認めているということです。

 警察は製鉄所内での余罪も視野に、捜査することにしています。

  • みんテレ