きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"GoTo"札幌一時停止影響か…旭川市の人出増「10万人あたりの感染者数は東京・大阪より多い認識を」

社会 友だち追加

 感染拡大が続く北海道旭川市。市民に不安が広がる一方で、観光客の動向が注目されています。

 Go Toトラベル札幌一時停止の影響が思わぬところに出ているようです。

 大規模なクラスターが発生し、医療態勢がひっ迫している旭川市。市民の間には不安が広がっています。

 旭川市民:「私も(病院を)受診しているが、クラスターが起きていて中止になった。命が心配、命がどうなるか。危険がどこにあるか分からない。対応ができるのかできないのか」

 その一方で旭川を訪れる観光客が増加傾向に?感染拡大の行方に影響はあるのでしょうか?

 感染拡大が続き、市民の間に不安が広がっている旭川市。

 荒川 健太郎 記者:「平日午前11時の旭山動物園の駐車場です。市外のナンバーやレンタカーが目立ちます」

 冬期開園中の旭山動物園の人出は、2019年の同じ時期の7割ほどです。夏の開園期間は5割ほどだったのに比べると、人出が戻っているのがわかります。

 11月27日園内には旭川市民の姿はほとんどなく、Go Toトラベルを利用した観光客の姿が目立ちます。

 東京からの観光客:「旭川なら札幌より自然があって、距離がとれて観光できるかなと」

 兵庫県からの観光客:「旅行に行くのは決まってたので札幌は避けながら(旭川)寄ろうかと」

 東京からの観光客:「旭川の感染拡大はニュースで見ていないので、北海道で増えているのは札幌という認識しかない」

 旭川市内のホテルの予約状況は5割ほどで、キャンセルはほとんどないということです。

人出が増えているデータがある旭川市

 こちらは、11月26日午後3時現在の人出を、4月の緊急事態宣言直前と比べたデータです。札幌駅エリアやススキノが減っているのに対し、旭川駅エリアは増えています。

 札幌のGo Toトラベル一時停止の影響で、行き先を変えた観光客がいるものとみられます。

 北海道医療大学 塚本 容子 教授:「札幌市は10万人当たりの感染者は全国トップだが、2番目は旭川市でそんなに札幌市と変わりがない。東京都、大阪市よりも旭川市は多いことを認識すべき」

 急速な感染拡大で、医療崩壊の危機も指摘される旭川市。今後の観光客の動向が注目されます。