きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

ネット活用し小学生もリモート交流…札幌と仙台が同じ舞台に スクールバンドの挑戦 #コロナとどう暮らす

コラム・特集 友だち追加

 オンライン授業の導入がなかなか進まない小学校の現場で、宮城県仙台市の小学生とインターネットで交流を始めたスクールバンドが、北海道札幌市東苗穂にありました。

 仙台向陽台小学校 加藤 博行 教諭:「北海道のみなさん聞こえますか?」

 小学生:「聞こえま~す」

 仙台向陽台小学校 加藤 博行 教諭:「一応つながってはいるね。音聞こえる?」

 札苗緑小学校の生徒:「じゃ最初の人、出てきてください」

 札苗緑小学校の生徒:「テーマは…」

 札苗緑小学校の生徒:「札幌、旅!」

 札苗緑小学校の生徒:「ホワイトイルミネーションは日本で最初に出来たイルミネーション・イベントで」

 札苗緑小学校の生徒:「さっぽろ雪まつりは、雪と氷の祭典で…」

 札苗緑小学校の生徒:「ガラスのピラミッドと、モエレ山は札幌でも有名です」

テレビ番組さながらの"カンペ"

 "カンペ"まで用意した札苗緑小スクールバンドのメンバー。自分たちの街を、仙台で同じ活動をする小学生に紹介します。

 仙台向陽台小学校の生徒:「定番土産、笹かまぼこ」

 札苗緑小学校の生徒:「笹かま!笹かま!」

 仙台向陽台小学校の生徒:「宮城を訪れた際はぜひ…」

 お互いの街を知って交流を深め、1月にはネット上で演奏会を企画しています。

 2020年、26年目を迎えた札苗緑小学校スクールバンド。これまで数多くの賞に輝いてきたバンドですが、2020年はコンクールや演奏会の中止に泣いてきました。

 札苗緑小スクールバンド 小西 正一郎 教諭:「練習はほとんどパート練習になってしまい、合奏練習が体育館でしかできない状態。子供たちもどこに向かっていいか分からないまま、曲を練習している。同じ思いを持つ友だちの先生が、仙台の苦しんでいる子供たち同士で何かできないか…それで始まったのが、今回のリモート演奏会(企画)。1月が本番になっているので、1月の本番に向けて…」

 小西先生は、自前で機材を用意しました。

 札苗緑小学校の生徒:「みなさん、こんにちは」

  • みんテレ