きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道5例目「宿泊療養施設」函館市に開設…約110人受け入れ可能 感染拡大続き釧路・北見市も検討へ

社会 くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染者のうち、症状が軽い人を受け入れる「宿泊療養施設」が、11月27日北海道函館市に開設されました。 

 北海道は釧路市や北見市などでも、感染状況を踏まえて設置を検討します。

 水上 孝一郎 記者:「施設内では医療スタッフなどが交代制で24時間常駐し、患者の容体急変に備えるということです」

 宿泊療養施設として11月27日から運用が始まったのは、北海道函館市のホテル「東横INN函館駅前大門」です。 

 新型コロナウイルスの感染者のうち、無症状者や軽症者を110人ほど受け入れることができます。 

 宿泊療養施設としては、札幌市の3棟と旭川市の1棟に続く5例目です。 

 北海道は今後、帯広市にも設置するほか、感染状況を見たうえで釧路市と北見市でも開設を検討しています。