きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「コロナで需要喪失」エア・ドゥ"過去最大"赤字…2002年以来初 中間決算での最終損益67億円に

道内経済 友だち追加

 エア・ドゥは11月26日、2020年9月までの半年間の中間決算を発表しました。

 新型コロナウイルスによる需要の落ち込みなどで、最終的な損益は67憶6500万円と過去最大の赤字となりました。

 エア・ドゥが発表した中間決算では、売上高にあたる営業収入は78億1300万円で、2019年の同じ時期と比べて69.2%減りました。

 最終的な損益は67億6500万円と、過去最大の赤字となりました。

 赤字は民事再生法を適用した2002年以来初となります。

 エア・ドゥ 泉 弘毅 副社長:「航空の旅客需要が大幅に減少。減少というよりは喪失している」

 エア・ドゥは12月24日までの運航数を、予定の26%にあたる484便減便しています。

 2021年3月までの業績見通しについては、感染拡大の影響を見通せないとして「未定」としています。