きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

鈴木知事「集中対策期間」延長を決定 12月11日まで 札幌市内全域の"接待伴う飲食店に休業を要請

政治 くらし・医療 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 北海道の新型コロナウイルス感染症対策本部会議が11月26日午後4時から開かれ、鈴木直道知事は、札幌市内で依然として感染確認が相次ぎ医療体制のひっ迫が懸念されることから、11月27日までとしていた「集中対策期間」を12月11日まで2週間延長することを表明しました。

 11月28日から12月11日までの延長期間に要請される内容は以下の通りです。

 ■接待を伴う飲食店については札幌市内全域で休業を要請。(遅くとも11月30日からの休業を要請)

 ■ススキノ地区の種類提供を主とする飲食店(バー、ナイトクラブ等)については営業時間を午後10時までとするよう要請

 ■ススキノ地区の居酒屋・カラオケ等の酒類提供時間を午後10時までとするよう要請。(狸小路の北側エリアも新たに対象とする)

 ■感染リスクが回避できない場合、不要不急の外出や市外との往来控えるよう要請。

 これらの要請について札幌市は▼接待を伴う飲食店への休業要請に協力した事業者には60万円、▼営業時間等の短縮に協力した事業者には30万円の協力金を支払う方針です。(※事業者単位ではなく協力店舗ごとに支給)

 このほか鈴木知事はGoToトラベルやGoToイート事業の見直しに伴い、どうみん割事業も札幌を除外するほか、全道の食事券の販売を一時停止し、ポイントの使用を控えるよう求める考えを示しました。

 鈴木知事は「つらい決断だが、一日も早く感染拡大を抑えるために、集中して徹底した対策をとる事にした。確実に感染拡大を食い止めなければならない」と述べ、道民の協力を求めました。