きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"核のごみ"文献調査2町村…NUMO現地事務所設置へ「住民との対話」重視の姿勢示す 神恵内村・寿都町

社会 友だち追加

 "核のごみ"の最終処分場選定をめぐり、文献調査が始まった北海道神恵内村と寿都町。原子力発電環境整備機構(NUMO)の担当者が11月25日それぞれを訪問し、住民との対話を重視する考えを示しました。

 高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のごみの最終処分場の選定をめぐり、文献調査が始まった後志地方の神恵内村。

 11月25日午後、NUMOの担当者が訪問し、できるだけ早い時期に現地事務所を構え、職員を常駐させる意向を示しました。

 また寿都町の片岡春雄町長とも対談し、住民や近隣自治体との対話を重視するため、同じく現地事務所を設けるとしました。

 片岡 春雄 寿都町長:「賛成・反対を抜きにして地層処分の学びをし、判断力がついた時点で判断する」

 NUMOは今後も住民や近隣自治体の理解を深めてもらうための対話を増やしていきたいとしています。