きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道内新たに234人感染3人死亡 札幌市手稲区の病院と小樽市の小学校で新たなクラスター

社会 くらし・医療 友だち追加

 北海道内では11月21日、新型コロナウイルスで3人の死亡と、新たに234人の感染が確認されました。

 北海道内では新型コロナウイルスで札幌の80代の男性など、あわせて3人の死亡が確認されました。

 新たな感染は札幌で161人、石狩地方で19人などあわせて234人にのぼります。

 13日連続で100人を超えた札幌では、161人中61人の感染経路がわかっていません。

 札幌市手稲区の手稲渓仁会病院では、職員と入院患者13人が感染する新たなクラスターが発生しました。

 また、大規模なクラスターとなっている手稲区の札幌田中病院の他、市内の医療機関や福祉施設でも集団感染が拡大しています。

 ススキノの接待を伴う飲食店の"夜の街"関連では2店舗4人が増え、152店舗534人となりました。

 小樽市 田中 宏之 部長:「市立稲穂小学校で児童5人と教職員1人の計6人の感染が確認された」

 一方、小樽市では稲穂小学校で児童と教職員6人が感染するクラスターが発生しました。

 陽性となった児童の学級は、12月3日まで学級閉鎖となります。

 また、旭川市ではクラスターとなっている吉田病院で5人の感染が確認され、これで関連する感染者は87人となりました。