きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

初"300人超"北海道…初めて1日7つのクラスター確認も 支援施設は97人まで拡大「3連休」に危機感

社会 友だち追加

北海道の会見(2020年11月20日午後6時30分すぎ)

 北海道は11月20日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された88人の詳細を発表しました。

 北海道発表分としては、過去2番目の規模です。

 新たに4つのクラスターが確認され、札幌の3つとあわせ初めて1日7つのクラスターが確認されました。

●養護老人ホーム(登別市):5人
 入所者の感染が11月8日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、5人(職員2、入所者3)の感染が確認されました。

 40代から80代で、軽症または無症状です。

 北海道は、感染拡大の恐れのある期間に接触した263人のPCR検査を行い、詳細を調べています。施設名は非公表としています。


●接待を伴う飲食店「スナック」(胆振地方):6人
 住民2人の感染が11月11日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、6人(経営者1、利用客5)の感染が確認されました。

 40代から80代で、軽症または無症状です。

 北海道は、感染拡大の恐れのある期間に接触した約20人が特定できているとして店名は非公表。関係者のPCR検査を進めています。


●日高徳洲会病院(新ひだか町):5人
 職員の感染が11月11日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、5人(職員2、入院患者3)の感染が確認されました。

 40代から80代で、軽症または中等症です。

 北海道は、感染拡大の恐れのある期間に接触した可能性のある369人のPCR検査を行い、詳細を調べています。


●事業所(釧路市):6人
 職員の感染が11月16日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、職員6人の感染が確認されました。

 20代から50代で、軽症または無症状です。

 北海道は、不特定多数の人と接触する業種ではなく、感染拡大の恐れのある期間に接触した人の特定ができているとして、事業所名は非公表。26人にPCR検査を行っているということです。

 北海道内では11月に入ってから62のクラスターが確認され、10月末から22日連続です。

 初の300人台となったことに北海道は、「非常に厳しい」とした上で、この3連休で広がらないように、感染リスクを避けられない場合の外出や札幌との往来自粛を改めて呼びかけました。

 これまでのクラスターも拡大しています。
●北海道中央労災病院
 新たに9人(職員2、入院患者7)の感染者が確認され、この関連では計34人となりました。

●月形刑務所(月形町)
 新たに職員1人の感染者が確認され、この関連では計6人となりました。

●滝川中央病院(滝川市)
 新たに入院患者3人の感染者が確認され、この関連では計25人となりました。

●東千歳駐屯地
 新たに隊員4人の感染者が確認され、この関連では計20人となりました。

●障害者支援施設(北広島市)
 新たに職員2人の感染者が確認され、この関連では計97人となりました。

●市立釧路総合病院
 新たに6人(職員1、入院患者5)の感染者が確認され、この関連では計13人となりました。


▼空知地方:11人

●三笠市:1人

●月形町:1人

▼石狩地方:12人

●江別市:4人

●石狩市:1人

●千歳市:5人

●恵庭市:3人

●北広島市:1人

▼後志地方:4人

▼胆振地方:9人

●登別市:1人

●室蘭市:1人

●白老町:1人

▼日高地方:1人

▼上川地方:1人

●利尻富士町:1人

▼オホーツク地方:4人

▼十勝地方:12人

▼釧路地方:8人

●釧路市:5人

▼根室地方:1人

▼札幌市:1人


 20日は札幌市191人、旭川市過去最多の21人、小樽市4人の感染が確認されていて、あわせて過去最多304人。

 北海道で300人台に入るのは初めてで、200人を超えるのは、3日連続8回目です。

 304人中、90人の感染経路が不明です。重症者は前日から2人増えて19人となりました。

 北海道内での感染者は、計6660人となりました。