きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

最多更新266人北海道 コロナ禍で相次ぐ"宿泊キャンセル"…換気・消毒徹底アピールで集客回復へ

社会 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、北海道内の観光地では予約のキャンセルが相次いでいます。各地の施設では感染対策をし、安全性をアピールして集客につとめています。

 北海道札幌市の定山渓温泉では11月に入り感染者が急増してから、宿泊のキャンセルが相次ぎました。

 定山渓観光協会 長谷川 信之 常務理事:「11月上旬くらいから、各ホテルでキャンセルが結構出てきた。(客は)2019年の5~6割に」

 特に11月17日に札幌の警戒ステージが4相当に引き上げられてから、観光客の姿は一段と少なくなったといいます。

 札幌市内からの観光客:「事前にホテルに電話して、感染防止対策を聞いてきました」

 札幌市内からの観光客:「やっぱり地元だから、なるべくキャンセルしないであげようと思った」

 こちらの旅館でも、11月に入りキャンセルが相次ぎました。感染防止対策を徹底し、何とか客が戻るよう必死です。

消毒・換気・検温...対策は"徹底的に"

 敷島定山渓別邸 五ケ市 拡大さん:「出勤した際にマスク着用と検温、消毒を徹底しています。換気はエントランスの窓と客室のドアと窓を開けて、館内全体に空気が行きわたるように毎日行っています」

 客室には空気清浄機を設置したほか、食事の際は席が向かい合わないように配置したり、入浴も混まないよう時間をずらしたりしています。その結果…。

 敷島定山渓別邸 五ケ市 拡大マネージャー:「今は、札幌市内の客が増えている。キャンセルは入っているが、新しく予約が入っている」

 11月21日からの3連休を前に、札幌市内からの客の予約が増えてきました。札幌市外との往来を自粛し、市内の定山渓温泉に宿泊しようという人が増えているようです。

「函館山ロープウェイ」にも深刻な影響

 一方、北海道南部有数の観光スポット函館山ロープウェイでは…。

 函館山ロープウェイ 桜井 健治 専務:「11月8日の週から十数件ぐらいキャンセルになった」

 こちらも予約のキャンセルが相次いでいました。北海道内の観光地に危機が。

 函館山ロープウェイではGo To トラベルの効果で、10月の乗客数が2019年の6割にまで回復していましたが、ここにきて状況が一変しました。

 栃木県から来た客:「(感染拡大は)ほとんどが札幌のイメージ。他のところは大丈夫だと思うけど、函館旅行は迷った」

 北海道内での感染拡大を敬遠し、予約のキャンセルが相次いだのです。

 函館山ロープウェイ 桜井 健治 専務:「11月8日の週ぐらいから十数件ぐらい、(修学旅行が)キャンセルになった。例年これからの季節は札幌圏からの観光客が来るが、2020年は客の減少が懸念される」