きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

3人死亡・3日ぶり200人超北海道…相次ぐクラスター "3か所目"宿泊療養施設 11月20日開設へ

社会 友だち追加

 北海道内では11月18日、3日ぶりに新型コロナウイルスの感染者が200人を超え、患者3人が死亡しました。北海道内全域で感染が拡大しています。

 北海道内では80代男性と札幌市の90代女性、70代男性のあわせて3人の死亡が確認されました。

 新たな感染者は札幌市で136人、石狩地方で47人などあわせて233人にのぼります。3日ぶりに200人を超えました。

 136人が感染した札幌市では10日連続で100人を超え、49人の感染経路がわかっていません。

 市内では「グループホーム」で入居者と従業員10人が感染するなど、新たに3つの集団感染 クラスターも発生しました。

 また大規模なクラスターとなっている南区の特別養護老人ホーム「ドリームハウス」では、従業員3人が感染しこれで104人となり、北海道内最多の集団感染です。

 一方札幌以外では、これまでに50人の感染が確認されている北広島市の「障害者支援施設」で新たに45人の感染が確認されたほか、月形刑務所で新たなクラスターが発生するなど地方でも拡大しています。

 北海道内各地での感染拡大を受け、北海道は新たに札幌市中央区の「ホテルフォルツァ札幌駅前」を軽症者を受け入れる宿泊療養施設として開設し、20日から受け入れを始めます。

 また今後のさらなる感染拡大に備え、北海道南部とオホーツク、釧路・根室の3地域で、新たに76床の病床を確保しました。