きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「家族以外との会食はできるだけ控えて」札幌市民の"外出自粛&往来自粛"要請受け…札幌市長理解求める

社会 友だち追加

札幌市の対策本部会議での秋元市長(2020年11月17日、午後4時すぎ)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続き、札幌市を北海道が定める警戒ステージ4相当としたことを受け、札幌市の秋元市長は対策本部会議で、市民への協力と事業者への理解を求めるとともに、感染対応に札幌市をあげて取り組むよう指示しました。

 17日の北海道の会議で、札幌市は感染リスクを回避できない場合には市民の不要不急の外出自粛や、市外との不要不急の往来自粛の要請が決まりました。

 これを受け札幌市の秋元市長は、マスク着用や換気の徹底などの感染対策の徹底とともに、「家族以外との会食はできるだけ控えてほしい」とし、会食を4人以下、2時間以内に抑えるよう訴えました。

 週末は3連休で外出する人も増えることが予想されていますが、「外出の必要性や場所についても慎重に判断してほしい」と熟慮を求めました。

 一方事業者へは、感染防止対策を改めて確認し徹底するよう協力を呼びかけました。


 札幌市の職員に対しては、下記5つの指示をしました。
・市内の医療機関の「病床確保」に努めること
・宿泊療養施設、自宅療養者の健康管理の徹底など適切な医療提供体制を確保すること
・ススキノ地区接待伴う飲食店には、さまざまな方法でアプローチし感染防止対策の周知徹底に努めること
・市有施設の感染予防対策を徹底すること
・保健所の業務量急増に伴い、他部署からいまの業務を中止や先送りし人員を生み出して感染症対策を最優先で取り組むこと

 警戒ステージ4相当の対応は、11月27日までです。
17日札幌市では150人、北海道内では197人の感染者が確認されています。