きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

過去最多200人に迫る勢い"197人"北海道…札幌は3日連続100人超 「市中感染拡大」に危機感

社会 友だち追加

 7日連続で感染者が100人を超えました。

 北海道では11月11日、新たに197人が新型コロナウイルスへの感染が確認され、そのうち札幌市では138人にのぼりました。

 拡大する感染で医療体制のひっ迫が懸念され、札幌では無症状者などの自宅療養を開始しました。

 札幌市の秋元市長は11月11日の会見で、ススキノをはじめとする市中感染の可能性に触れ、危機感をあらわにしました。

 秋元 克広 札幌市長:「陽性率が高まってきている。市中にウイルスが広がっているということが懸念されている。自分は感染しているかもしれない。他人に感染させないという強い気持ちをもって行動していただく」

 秋元札幌市長は11日の定例会見でこう述べ、急拡大する新型コロナウイルスに危機感を示しました。

 陽性者の急増に伴い、札幌市内では218人が病院や宿泊療養施設に入れない状態となっていて、札幌市は11日から軽症者や無症状者の自宅での療養を始め、60人が自宅療養となっています。

 北海道内では11日、治療を受けていた札幌市内に住む80代の男性と旭川市の2人が死亡しました。

 また新たに感染が確認されたのは、札幌の138人をはじめ、石狩地方で21人、十勝地方で13人などあわせて197人です。

 札幌ススキノのパブや別の特別養護老人ホームでも新たなクラスターが確認されたほか、これまでクラスターが確認されたニュークラブや医療機関でも新たな感染者が確認されています。

 ススキノの接待を伴う飲食店関連では5店舗18人が新たに確認され、"夜の街"感染は合わせて127店457人となりました。

 感染拡大に歯止めがかからない状態が続いており、北海道や札幌市では、手洗いや換気、マスク着用の徹底を呼び掛けています。

  • みんテレ