きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

138人確認の札幌…新たに"パブ・老人ホーム"で2つのクラスター 医療機関や高校の感染者も増加

社会 友だち追加

UHB 北海道文化放送

 札幌市は11月11日、新たに新型コロナウイルスの感染者が1人死亡し、138人の感染が確認されたと発表しました。

 亡くなったのは80代男性で、11月11日に死亡しました。北海道内では4日連続の死者を確認していて、118人となりました。

 また、新たにススキノのアルコールを提供するパブと特別養護老人ホームで計2つのクラスターが確認されました。


【札幌市内65例目のクラスター】
●ススキノの「パブ」:6人
 従業員が10月28日に陽性と判明し、濃厚接触者の検査をしたところ、従業員6人の感染が確認されました。

 20代~40代で、いずれも軽症です。

 札幌市は、感染拡大の恐れのある期間に濃厚接触した21人(従業員5、利用客16)を確認できているとして、店名は非公表としています。

 同店では、従業員、利用客ともにマスクの着用が十分徹底されていなかったということです。


【札幌市内66例目のクラスター】
●特別養護老人ホーム:5人
 入居者が10月30日に陽性と判明し、濃厚接触者の検査をしたところ、5人(入居者4、従業員1)の感染が確認されました。

 40代~80代で、いずれも軽症です。

 札幌市は、感染拡大の恐れのある期間に濃厚接触した33人(従業員6、入居者27)を確認できているとして、施設名は非公表としています。33人はすべて陰性が確認されています。

 同店では、従業員、利用客ともにマスクの着用が十分徹底されていなかったということです。


 またクラスターも拡大しています。
●ニュークラブ(38例目)
 新たに従業員4人の感染が確認されました。

 この関連での感染者は、計15人となりました。

●医療機関(52例目)
 新たに看護師1人の感染が確認されました。

 この関連での感染者は、計8人となりました。

●高等学校(53例目)
 新たに生徒3人の感染が確認されました。

 この関連での感染者は、計14人となりました。


 このほか、札幌市が関係する職員の感染も判明しています。

●中央区役所駐車場の整理員 60代男性
 当該職員はマスクを着用し、屋外での整理業務をしていたということで、勤務時間中に駐車場利用者との濃厚接触はないとしています。現在、同僚職員などとの接触の調査を進めています。


 小学校や保育所での感染も判明しています。

●札幌市立小野幌小学校:児童1人
 札幌市は、当該児童が在籍するクラスを11月20日まで学級閉鎖とすることにしました。

●札幌市立札幌小学校:児童1人
 札幌市は、当該児童が在籍するクラスを11月16日まで学級閉鎖とすることにしました。

●札幌市立藻岩小学校:教職員1人
 札幌市は、当該教職員が担当するクラスを11月20日まで学級閉鎖とすることにしました。

●札幌市立保育所:園児1人
 札幌市の調査で、当該園児の濃厚接触者がおらず、感染拡大の恐れがないことから、施設名は非公表としています。


 ススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連の感染は5店舗18人増え、127店舗、457人になりました。

 また札幌市は、メンズパブのクラスターは11日付で収束したことを発表しました。


 11日は、北海道47、函館市1、旭川市6、小樽市5人の感染が確認されていて、あわせて197人。過去2番目の規模となっています。

 100人を超える感染確認は、7日連続となりました。

 北海道内での感染者は、計4561人となっています。

  • みんテレ