きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"疫学調査で分かったススキノ対策の重要性"「家庭や職場への感染連鎖を断ち切ることが重要」札幌市長会見

政治 くらし・医療 友だち追加

秋元市長の会見(11月11日)

 11月11日に行われた会見で、札幌市の秋元克広市長は、新型コロナウイルスの感染急増を受けて、市の感染対策をさらに強化すると述べました。対策は以下の通りです。

■重症者を最小限に抑える
 介護福祉施設や病院など、重症化リスクの高い場所でのクラスター対策に"全力"で取り組む。

■医療支援体制の強化
 11月13日から軽症者等を対象とした新たな宿泊療養施設を開所する。11月19日から市内2か所目となるPCR検査センターを開設する。

■ススキノ地区の対策強化
 11月27日までの営業時間短縮等の要請に伴い、道と協力して深夜の飲酒自粛呼びかけや、店舗への訪問などを実施する

 秋元市長は「連日100人超える感染者が出ているため保健所の疫学調査が間に合わず、感染者の症状や行動履歴の調査が滞っている」と説明。職員不足を補うため、国や他自治体からの職員応援を受けていることを明らかにしました。

 またススキノ地区への自粛要請については、「これまでの疫学調査で、ススキノの接待を伴う飲食店から、他の飲食店や家庭、職場等に感染が広がっている実態が分かった。クラスターの連鎖、感染の連鎖を断ち切るためにも、ススキノ対策が重要だ」と延べ、市民の一層の協力を求めました。

  • みんテレ