きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「エンジンの調子が悪かった」超軽量飛行機が畑に不時着 操縦していた70代男性と妻にケガなし 北見市

事件・事故 友だち追加

不時着後、廃品回収業者に回収された機体

 北海道北見市で11月3日午前10時30分ごろ、飛行中の2人乗り超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が北見市小泉の畑に不時着しました。

 北見警察署などによりますと、超軽量飛行機には市内に住む76歳の男性と妻が搭乗していて、機体に大きな損傷はなく、2人ともケガはありませんでした。

 関係者によりますと、超軽量飛行機は76歳の男性が操縦し、午前10時半ごろ、北見市端野町の私有地にある滑走路から飛び立ち、飛行中だったということです。

 男性は、超軽量飛行機に趣味で30年近く乗っていて、調べに対し「エンジンの調子が悪かった」と話しています。
 
 警察などが不時着の原因を調べています。