きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"ハロウィーン感染"に注意!週末に歓楽街でマスク着用など呼びかけへ ススキノ"夜の街"感染収まらず

友だち追加

 ステージ2への移行で感染への警戒が高まる中、北海道内では過去2番目に多い感染者数です。

 北海道内では新たに53人の新型コロナウイルスの感染が確認され、このうち札幌市では40人が確認されています。

北海道で過去2番目に多い53人感染

 新たに感染したのは札幌市40人のほか、旭川市1人、苫小牧市1人、石狩地方7人、胆振地方2人、オホーツク地方1人、札幌市在住で札幌以外で発症した1人のあわせて53人です。

 札幌では26日に過去最多の46人が確認されてから3日ぶりの40人台で、22人の感染経路がわかっていません。

 10代から30代の感染者は26人で、依然として若い世代の感染が目立っています。

 クラスターが発生した芸能関連会社では、イベント参加者2人の感染が確認され、16人となりました。

"夜の街"感染…ハロウィーンも注意

 ススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連は6店舗14人増えて、88店舗328人となりました。

 北海道と札幌市は週末のハロウィーンで、ススキノの人出が増えることから、30日と31日にススキノ交差点などで感染予防の啓発を行うとしました。

 マスクをしていない人にマスクを配るなど、感染リスクを下げる行動を呼びかけます。

各指標はじわじわと増加傾向に

 北海道では、28日に警戒ステージが「1」から「2」に引き上げられたばかりですが、警戒ステージ引き上げの目安となる各指標が、29日も増加傾向にあります。

 1週間の新規感染者は334人となり、不要不急の外出自粛などが求められるステージ3の基準の133人をすでに超えています。

 重症者は5人と少ないものの、入院患者は163人にまで増えていて、医療体制のひっ迫が依然として懸念されます。

  • みんテレ