きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

家計には大助かり!灯油"3年ぶり"安値…前年比約16%安に コロナ禍の需要減→原油安&灯油増産も背景

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 灯油が3年ぶりの安値です。

 北海道内の灯油価格は、2019年に比べ1リットル当たり15円=約16パーセントも安くなっています。

 そのワケは?そしてこの安値、いつまで続くんでしょうか?

灯油が3年ぶりの安値に

 北海道内で35万世帯に灯油を配達するこちらの会社。10月26日の灯油の価格は1リットル当たり79円。2019年の同じ時期と比べると15円ほど安くなっています。

 同社によりますと、灯油が70円台になるのは2017年の10月以来ということです。

灯油価格は2020年2月ごろから下落傾向に

 北海道エネライン 花田 明彦さん:「2020年の2月ごろから下がり始め、月を追うごとに値段が下がり5月ごろ底を打った」

 安値の原因は原油安です。新型コロナウイルスの影響で自動車や航空機、船舶など輸送用の燃料の需要が大きく落ち込みました。その結果、原油の価格が2019年の同じ時期と比べて3割ほど安くなっているのです。

航空機の「減便」も灯油価格に影響

 また、航空機の減便が相次ぎ航空燃料の需要が激減したため、石油元売り各社が「航空燃料と性質の似ている灯油」を増産し在庫が多いことも影響しています。

 この灯油安に北海道民は…。

生活者にはありがたい「安値」

 北海道民:「助かっている。寒さには強くないので節約は難しい。安いと大変助かる」
 
 北海道民:「15円安かったらうれしい。灯油は高いからといって使わないわけにはいかない」

 3年ぶりの安値となった灯油。安値はこのまま続くのでしょうか?それとも値上がりするのでしょうか?
 
 北海道エネライン 花田 明彦さん:「原油の価格が上下するので、それが商品の価格に反映する。状況に応じて値段が動く」

 一体どうなるのか、この後ズバリ、解説します!

昨シーズンと比べると1リットルあたり約15円安い

 北海道で3年ぶりの安値となっている灯油。改めて昨シーズンと比べてみます。

【10月20日ごろの灯油1リットルあたりの配達価格】
2019年:95.1円
2020年:80.1円 →約15円 16%安くなっている

しばらくは安値が続くとの見方も

 ただ昨シーズンは、年明けから大きく値上がりしました。今シーズンの安値はいつまで続くのでしょうか。

【石油情報センターによる今後の価格見通し】
・原油の価格は安定していて、しばらく横ばいで、安値に
・今後、新型コロナウイルスが落ち着き世界経済が回復に向かうと価格が上昇する可能性

  • みんテレ