きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

札幌市過去最多38人…"3つのクラスター"確認 高齢者施設5人とホストクラブ・メンズパブで計11人

友だち追加

札幌市の会見(2020年10月23日午後4時すぎ)

 札幌市は10月23日会見を開き、新たに新型コロナウイルスの感染が確認された38人の詳細を発表しました。

 札幌市で1日38人の感染者は、これまで一番多かった10月5日の35人を上回り過去最多です。

 札幌市は市内で3つのクラスターが確認されたと発表しました。

 グループホームで5人、ススキノの接待を伴う飲食店2店(ホストクラブとメンズパブ)で11人、3つあわせて16人です。


【札幌市内34例目のクラスター】
●グループホーム:5人(入居者3、従業員2)

 入居者がPCR検査を受け10月21日に陽性が判明。濃厚接触者の検査を行ったところ、5人の感染がわかりました。23日発表分にすべて含まれています。

 年齢は従業員が50代~60代、入居者は80代~90代で、いずれも軽症または無症状です。

 札幌市は感染拡大期間の濃厚接触者を把握できているとして、施設名は非公表としています。


【札幌市内35例目のクラスター】
●接待を伴う飲食店《ホストクラブ》:5人(すべて従業員)

 従業員がPCR検査を受け10月21日に陽性が判明。濃厚接触者の検査を行ったところ、5人の感染がわかりました。23日発表分に4人が含まれています。

 感染者はいずれも従業員で20代です。

 札幌市は感染拡大の恐れのある期間に接触した可能性のある28人(従業員8、利用客20)を把握できているとして、店名は非公表としています。


【札幌市内36例目のクラスター】
●接待を伴う飲食店《メンズパブ》:6人(従業員2、利用客4)

 従業員がPCR検査を受け10月18日に陽性が判明。濃厚接触者の検査を行ったところ6人の感染がわかりました。23日発表分に2人含まれています。

 札幌市は感染拡大の恐れのある期間に接触した人15人(従業員1、利用客14)の把握ができているとして、店名は非公表としています。

 札幌市によりますと、この店は従業員・客ともにマスク着用が十分に徹底されていなかったことが確認されているということです。

 同店は感染対策をした上で、営業を再開しています。


 札幌市で1日3つのクラスターが確認されたのは、10月10日以来2度目です。
 
 札幌市では現在9つのクラスターが確認されています。
(ニュークラブ4店、バー、有料老人ホーム、グループホーム、ホストクラブ、メンズパブ)




【10月23日札幌市の感染者情報】
・30代男性 会社員
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・20代男性(職業非公表)
・20代女性 自営業
・30代女性 従業員
・20代男性 大学生
・30代男性 会社員:すでに感染判明の人物(年齢・性別・職業いずれも非公表)との濃厚接触者
・年齢・性別・職業いずれも非公表
・女性(年齢・職業非公表):すでに感染判明の会社員(性別非公表)との濃厚接触者
・40代女性 自営業:すでに感染判明の60代男性従業員との濃厚接触者
・40代男性 会社員
・20代女性 大学生
・10代男性 専門学校生:すでに感染判明の10代男子学生との濃厚接触者
・20代女性 会社員::濃厚接触者は確認済み
・介護職員(年齢・性別非公表):濃厚接触者は確認済み
・50代女性 介護職員:濃厚接触者は確認済み
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・20代男性 従業員:濃厚接触者は確認済み
・20代男性 従業員:濃厚接触者は確認済み
・20代男性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・10代女性(職業非公表)
・10代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・20代男性 大学生:すでに感染判明の20代男子大学生との濃厚接触者
・20代女性 アルバイト:すでに感染判明の人物(年齢・性別・職業いずれも非公表)との濃厚接触者
・10代女性 専門学校生:すでに感染判明の10代男子学生との濃厚接触者
・女性 アルバイト(年齢非公表)
・40代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・20代女性(職業非公表)
・50代女性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・年齢・性別・職業いずれも非公表
・年齢・性別・職業いずれも非公表
・20代男性 大学生
・年齢・性別・職業いずれも非公表
・40代男性 会社員
・20代女性 会社員
・40代男性 会社員


 38人中18人の感染経路が不明です。

 札幌市は詳細を公表していませんが、この中にススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連が1店舗14人含まれていて、70店舗、257人となりました。

 38人中11人がクラスターの関連で、残りは個別に感染している形で、札幌市の山口亮感染症対策担当部長は、「4分の3が30代以下の若い世代だが、そのほかの世代で家族内感染を思わせるものも出ているのが非常に心配。今後他の都市のように増えていくのか、一定数で粘れるか起点になるような厳しい状況」との認識を示し、引き続き感染対策を呼びかけました。


 23日は北海道で12人、旭川市で1人の感染が確認されていてあわせて51人。これまで最も多かった4月23日の45人を上回り、半年ぶりに過去最多を更新しました。

 北海道内での感染は2700例を超え2701例、感染者は計2681人となっています。