きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"5年間で28件" 約350万円の金品盗む…逮捕66歳男 窓枠外しや木登りし2階窓から侵入繰り返す

事件・事故 社会 友だち追加

連続窃盗男の捜査終結を発表した北海道警西署

 8月に住居侵入と窃盗未遂で現行犯逮捕された66歳の男が、これまで住居侵入などを計28回、現金約329万円などを盗んでいたことがわかりました。

 住居侵入、窃盗、窃盗未遂の疑いで逮捕されていたのは、北海道札幌市西区に住む無職の66歳の男です。

 警察によりますと男は2015年の5月ごろから2020年8月21日までの間、札幌市内の住宅に侵入し、住居侵入と窃盗23件、住居侵入と窃盗未遂4件、邸宅侵入1件をしていました。

 北海道警の調べで男は合計28件で、現金約329万円と商品券などの物品約17万円相当を盗んでいたことがわかりました。

 男は8月21日に住居侵入と窃盗未遂の現行犯で逮捕されていて、「同じような窃盗を繰り返している」と供述したことから余罪を捜査する中で、28件犯行を繰り返していたことが判明し、北海道警が捜査を終結したと発表しました。

 男は夜になっても電気がついていない家を狙い、手やマイナスドライバーを使って窓を外し家の中に侵入したり、木に登って2階の無施錠の窓から侵入していたりしていたということです。

 男は調べに「生活や遊ぶ金欲しさに空き巣に入った。まとまった金が入った時はパチンコや飲み屋に行っていた」と話しているということです。