きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

リサイクル店強盗男は"土地勘"あるか…「抜け道」使い逃走様子が防犯カメラに 小樽駅使った可能性も

事件・事故 友だち追加

 北海道小樽市の商店街で起きた強盗事件で、容疑者の男が路地を使い逃走していることから、警察は土地勘のある人物の可能性があるとみて調べています。

 強盗事件があった直後、押し入った店から出てきた容疑者とみられる人物。黒っぽい服装に白いマスクをしています。

 別の防犯カメラに写る同じ人物は、路地を左折して小樽駅方向へ逃走しました。

 被害にあった女性店長が店から飛び出してくる姿も。

 商店街の店員:「若い女の子が泣きながら走ってきて『警察呼んで下さい』と言った」

 小樽市民:「びっくりしました。刃物持っているっていうからね」「はやく見つかるといいですね」

 事件があったのは、JR小樽駅に近い商店街のリサイクルショップです。

強盗事件があった現場

 10月21日午後、20代くらいの男が女性店長を刃物のようなもので脅し現金数十万円を奪って逃げました。

 男は犯行前、店長が別の客の応対をしていたときから店内で客を装い、別の客が店を出て店長と2人きりになったところを脅し、現金を奪ったということです。

小樽駅へつながる「路地」

 三宅 真人 記者:「被害のあった店舗から出てきた人物は道路を渡り、商店街を歩いていきます。そして別の防犯カメラにはよく似た人物が、50メートルほど離れた路地を曲がっていく様子が映っています。この先には小樽駅があります」

男は狭い「抜け道」を使い逃走

 容疑者とみられる人物は店から出て、商店街の路地を左折して駅方向に行きました。そこは路地です。

 小樽市民:「この通りを抜けるのは(道を)知っている人だと思う」
      Q.人から見られたくなくて入る?「違うと思う」

20代くらい 身長約160センチの男逃走中

 警察は、男に土地勘があり小樽駅を経由して逃走した可能性もあるとみて行方を追っています。