きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道の天気 10/22(木) 低気圧が急発達 あすから大荒れの天気に…

天気 友だち追加

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

きょうは暖かく湿った南風の影響で雲が多く、雨の降る所もありそうです。
そして、あすは発達した低気圧が近づいて荒れた天気となる見込みです。

◆午後の天気
南西部は降ったりやんだりで、道東も通り雨があるでしょう。
札幌は日差しがありますが、昼過ぎににわか雨の可能性があります。
利尻や礼文では急な雷雨にご注意ください。

◆予想最高気温
南風が気温を押し上げ、道北やオホーツク海側でも18℃前後まで上がるでしょう。
小樽は21℃で、10日ぶりに20℃を超える予想です。
夜も冷え込みは弱いでしょう。

◆あす23日の雨雲予想
あすは低気圧本体の雨雲がやってきます。
雨の予想を見ると、あす朝の時点で全道的に雨が降る予想です。
あす午前6時から3時間ごとに動かすと、
特に太平洋側で雨脚が強まり、土砂降りの所もありそうです。
午後は道東で激しい雨となる予想で、多い所では100ミリ以上の大雨となるおそれがあります。
さらに風を重ねると、南風が非常に強く、雨は横殴り、傘をさしていても濡れてしまいそうです。
また、日本海側は西風に変わってきます。
週末はこの西風が暴風レベルの強さになる見込みです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
土日は日本海側で暴風や高波に注意が必要です。
天気は時雨となって雨が降ったりやんだり、降る時は横殴りとなりそうです。
また、気温が下がり、札幌の最高気温は11℃の予想です。
峠では雪が降りそうです、峠越えの運転はご注意ください。

・太平洋側
あすは土砂災害や低い土地の浸水にご注意ください。
雨のあとは気温がグッと下がり、日曜日の苫小牧は2℃、帯広は3℃まで下がる予想です。