きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

全国の"うまいもの"札幌に大集合!人気の催事復活 初出店スイーツ&から揚げにお弁当…注目店に行列

友だち追加

 人気の催事が戻ってきました。

 新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが見送られたり規模が縮小されたりしていますが、10月21日から北海道札幌市のデパートで「全国うまいもの大会」が始まりました。
 
 待ちわびていた人たちのお目当ての品とは?

店内に「長い行列」も

 石井 祐里枝 アナウンサー:「会場はいい匂いに包まれています。スタートして1時間で大勢の人が並んでいます。客の足元には距離を保つテープが貼られていて、その分行列は長くなり、最後尾はあちらです」

 丸井今井札幌本店で10月21日から始まった恒例の「全国うまいもの大会」。全国各地から67店舗が出店しています。

 午前10時半にオープンして間もなく、密を避けるために入場制限がかかりました。特に人気なのは…。

十勝産のあんを使った初出店「だるまや」の"あんまき"

 石井 祐里枝 アナウンサー:「あんまきが人気です。(北海道)十勝産のあんこが生地に包まれています」

 今回初出店、東京の和菓子店「だるまや」の「あんまき」です。甘さ控えめで素材の味を楽しむことができます。

 石井 祐里枝 アナウンサー:「この時間一番行列ができているのは、1人5個限定の長野の栗を使ったスイーツです」

1人5個限定「小布施栗菓製造」の"栗福"

 長野県の和菓子店「小布施栗菓製造」の「栗福」です。

 地元産の栗をまるごと使った商品で1時間で70個ほどしか作れないため、1人5個限定となっています。

 客:「1時間ほど並んだ」

 客:「2019年も食べておいしかった」

感染対策で期間を半分にし店舗数も削減

 こちらのデパートでは新型コロナウイルスの影響で、予定されていた食の催事は軒並み中止。

 7月の北海道物産展から再開しましたが、人出はまばらだったと言います。

 今回感染防止のため開催期間を例年の半分の1週間にし、出店数も40店舗少なくしています。

感染対策を検討し開催にこぎつけた

 札幌丸井三越 本間 彩織さん:「"コロナ時代"に合わせた催事を日ごろから模索していた。定番の店がないと言う客もいるが、初出店が4店あるので新しいおいしさを発見してほしい」

 昼時には弁当や総菜を求める人の姿が。その中で特に人気を集めていた選りすぐりの名品とは?

 10月21日から始まった恒例の「全国うまいもの大会」。今回初出店で人気を集めていたのが…。