きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"から揚げ"消費量全国3位の北海道 500円定額の「サブスク」で食べ比べも登場 #コロナとどう暮らす

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 コロナ禍で急激に消費量を伸ばしている食べ物があります。何かというと、お子さんも大好きなアレ、「鶏のから揚げ」なんです。

 それも、北海道は全国第3位の消費量!なぜ、コロナ禍で伸びているんでしょうか?

全国的にから揚げ消費量は増加中

 2019年1年間の全国のから揚げ消費量は約250億個。それが2020年は1.7倍近くの約417億個になる見込み。大手冷凍食品メーカーが行った調査の結果です。

 北海道民:「へぇ~、へへへへへ!」

 千葉県からの観光客:「新型コロナウイルスの影響で家で食べる機会が多くなったから。作る手間を考えたら、買ってきた方が早いし、おいしいし」

 北海道民:「テイクアウトしやすいですしね、から揚げって。"おうち居酒屋"とか、やったりしていますね」

 から揚げ大躍進のそのワケは?北海道のザンギを盛り上げようと2019年設立された「北海道ザンギ連盟」に聞いてみました。

から揚げ消費量のウラに「コロナ禍」が

 北海道ザンギ連盟 金井 英樹 事務局長:「新型コロナウイルスの影響が大きく起因している。かなりテイクアウトの数が伸び、外食ではなく"中食"。家庭で食べる頻度が高まったのが大きい」

北海道の消費量は「第3位」

 その中でも北海道は際立っています。都道府県別の食べる量では堂々の第3位。月に1人当たり51.8個も食べているんです。この結果に「北海道ザンギ連盟」は?

 北海道ザンギ連盟 金井 英樹 事務局長:「1位の大分県に関しては、中津市や宇佐市では、から揚げで町おこしをしているし、日本唐揚協会の"から揚げの聖地"として中津市を認定していて、結果1位は納得がいく。3位の北海道も、ザンギの歴史が50年以上ある。やはり道産子はから揚げ、ザンギが好きだという現れだと思います」

 北海道民のソウルフード、「ザンギ」。発祥は釧路市と言われていますが、その釧路市から札幌に進出した名店があります。その驚きのボリュームとは?そして「北海道ザンギ連盟」が仕掛ける、ザンギのサブスクを徹底調査します!

 ザンギが5個入ったザンギ弁当、650円。驚くのは、このボリュームです!