きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道"新たに2つのクラスター"確認…ラウンジ5人&特別養護老人ホーム6人 現地対策本部も設置対応へ

友だち追加

北海道の会見(2020年10月20日午後5時すぎ)

 北海道は10月20日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された13人の詳細を発表しました。

 新たに釧路市で接待を伴う飲食店と特別養護老人ホームで、2つのクラスターが確認されました。

●釧路市内の接待を伴う飲食店:5人

 10月17日に1人の陽性が判明し、従業員や客のPCR検査を行ったところ5人の感染が確認されました。

 20代から40代の5人(従業員4、客1)でいずれも軽症です。

 北海道は店の関係者13人にPCR検査を実施していて、従業員や客などの濃厚接触者が確認できているので店名は公表しないとしています。

 北海道によりますと、店はいわゆる「ラウンジ」でカラオケも利用できる店で、10月16日から休業しているということですが、症状が出たまま接客をしていた従業員も含まれているということです。

 今後客約40人にPCR検査を進めるとしています。北海道は20日発表分に何人含まれているのかは非公表としています。

 釧路地方では別の「クラブ」で5人のクラスターが確認されていて、この感染者との濃厚接触者として検査したところ、「ラウンジ」と関係することがわかったということです。


●釧路市の特別養護老人ホーム

 10月18日に利用者1人の陽性が判明し職員や利用者のPCR検査を行ったところ、計6人の感染が確認されました。

 70代から90代でいずれも軽症です。20日発表分に4人含まれています。

 北海道は関係者86人にPCR検査を行っていて、濃厚接触者が確認できているため、施設名は公表しないとしています。

 北海道は20日付で現地対策本部を立ち上げ、対応しているということです。

 北海道内でのクラスターは54例、55例目となり、10月に入り16例確認されていて、北海道は全域で感染拡大の傾向にあるため「誰もが感染する可能性がある」とし、感染拡大防止への協力を呼びかけました。

 北海道では感染者拡大に伴い、各病院に依頼して病床数の確保を進めていて、釧路地方で不足すれば帯広市の病院への依頼も検討しているということです。

【10月20日北海道発表の感染者情報】

▼石狩地方
・20代女性 学生:北海道内の患者の知人と接触歴あり

▼後志地方
・年齢・性別・職業いずれも非公表:北海道内の患者の知人
・30代男性 会社員:上記人物の家族

▼釧路地方
・40代男性 従業員:北海道内の患者の同僚
・20代女性 会社員:北海道内の患者の知人
・20代女性(職業非公表):北海道内の患者の知人
・30代女性:北海道内の患者の同居家族
・30代女性 従業員
・70代女性:北海道内の患者の同一施設利用者
・90代女性:北海道内の患者の同一施設利用者
・80代女性:北海道内の患者の同一施設利用者
・90代女性:北海道内の患者の同一施設利用者
・50代女性 会社員:北海道内の患者の同居家族

 20日は札幌市で16人、小樽市で2人の感染が確認されていて、あわせて31人。4日ぶりに感染者が30人台に達しました。

 31人中10人の感染経路が不明です。

 北海道内での感染者は、計2568人となりました。