きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"踏切"でタンクローリーと列車衝突…運転手の前方不注意か 快速列車50代乗客の女性と運転手の男性ケガ

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道清里町のJR釧網線の踏切内で10月19日、列車とタンクローリーが衝突し、タンクローリーの運転手がケガをしました。

 19日午前11時40分ごろ、清里町のJR釧網線の札弦~緑駅間の踏切で「快速しれとこ摩周号」が踏切に進入していたタンクローリーと衝突しました。

 列車には乗客乗員11人が乗っていて、この事故で50代の女性の乗客が手首に痛みを訴えました。

 一方タンクローリーの運転手の男性は、腹部にケガをして病院に搬送されました。

 踏切には警報器や遮断機はなく、警察は列車の運転士の話や現場の状況などから事故原因はタンクローリーの運転手の不注意と見て詳しく調べています。