きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「北海道を盛り上げたい」北のYouTuber列伝…人気は主婦の料理動画 "夢"を抱く挑戦者の素顔

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 コロナ禍で需要が高まるユーチューブですが、北海道内で活動するユーチューバーの素顔はあまり知られていません。そこで、日中は仕事をしながら動画を配信する女性ユーチューバーを取材しました。

自宅で動画を制作するユーチューバーゆめりこさん

 札幌市内のマンション。あるユーチューバーが動画を制作中です。

 ユーチューブ歴1年半 ゆめりこさん:「ハイどうも、ゆめりこで~す。きょうはね、ワイヤレスイヤホンの紹介したいんだけどね。ノイズキャンセラーがすごくて、自分の声が聞こえてない」

 ユーチューブ歴1年半 ゆめりこさん:「正直もう、ユーチューブって今さら始めても遅いよなと、『やってみたらいいじゃん』と背中を押してくれる人がいてユーチューブ始める前も、インターネットでは歌を投稿したりはしてたんですけど、顔は一切出したことはなくって、やるからには本気でやろうと覚悟決めて始めた」

1年半で370本以上の動画を制作

 日中、働きつつ、1年半で370本以上の動画を制作したゆめりこさん。今では化粧品メーカーなどからも、商品プレビューを依頼されるようになりました。

 ユーチューブ歴1年半 ゆめりこさん:「(動画は)ノンジャンルで、色んなことを思いついたらやる。始めた当初は、1日1本以上上げてました。寝る時間も削ってましたね」

チャンネル登録者「1000人」が大きな壁

 ユーチューブ歴1年半 ゆめりこさん:「今回のはスゴイいいぞと思って作っても、思ったより反響がなかったり逆もあるんですよ。本当ユーチューブ、分からない。そこが面白いところでもある。(収益化の条件の)チャンネル登録者1000人が大きな壁。そこまでいかなくて辞めちゃう人が本当に多い…。私も1000人を越えた時は、うれしくて、うれしくてたまらくて…」

 ゆめりこさんも所属するユーチューバーの団体が、札幌にあります。

2019年に発足したノースエポックのメンバーは40名ほど

 ノースエポック代表 長澤 弘さん:「2019年に発足し1年ちょっと。今40人ほどがメンバー。北海道のユーチューバーで集まって、北海道を盛り上げて行こうと。交流会や勉強会、企業さんから商品の紹介などのお話をいただいて、企業との仲介、懸け橋になるよう…」

 北海道で活動するユーチューバーの団体「ノースエポック」のホームぺージで紹介されている25チャンネル中、最も登録者の数が多いのは、主婦による料理チャンネルでした。

  • みんテレ