きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「イクラを食べるためだった」川で"サケ"密漁…監視強化中麻袋に1匹入れ見つかる 77歳と48歳男逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

サケを密漁した男2人を現行犯逮捕した北海道警栗山署

 遡上(そじょう)したサケを密漁したとして、77歳の男と48歳の男が逮捕されました。

 水産資源保護法違反の現行犯で逮捕されたのは、いずれも北海道江別市に住む自称無職の、77歳と48歳の男2人です。

 警察によりますと、男2人は10月18日午前10時ごろ、空知地方の長沼町の千歳川右岸で、遡上したサケを密漁しました。

 監視をしていたサケの保護団体が、麻袋を持っている男2人を発見し声をかけたところ、麻袋の中にサケが1匹入っていて、「サケを密漁した2人がいるので来てください」との110番通報で駆け付けた警察官に逮捕されました。

 サケは10月から11月にかけて遡上するため、この時期は例年サケの保護団体が監視を強化しているということです。

 調べに男2人は「イクラを加工して食べるためだった」と容疑を認めているということです。 

 男2人は、サケを密漁する際に使用が禁じられている「かぎ針」も使っていて、警察は北海道内水面漁業調整規則違反の疑いもあるとみて調べることにしています。