きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

免疫力UPでコロナ禍を元気に!"発酵食品"に熱視線…専門店続々OPEN&自宅でも簡単 調味料で活用も

コラム・特集 友だち追加

 発酵食品というとヨーグルトやチーズ、納豆などを思い浮かべますが、その裾野が広がっています。

 さまざまな発酵食品を取り扱う専門店が相次いでオープン。家庭で簡単に作れるものも人気です。

 背景には「コロナ禍」があるようです。

発酵食品専門店『発酵ヤード』

 10月1日にオープンした『発酵ヤード』。その名の通り、発酵食品の料理がメインのお店です。

アツアツの麻婆豆腐も発酵オイル入り

 体の芯から温まる麻婆豆腐は、干し納豆や発酵唐辛子で作った発酵オイルが使われています。

 客:「発酵というところが気になった」

 客:「外食の際もおいしく、健康になれて免疫力も高められる」

ジューシーなシューマイには「発酵させたハクサイ」を

 人気メニューのシューマイには、発酵させたハクサイを使っています。

 石井 祐里枝 アナウンサー:「ハクサイがシャキシャキしてる。お肉もたっぷり入っていておいしいです」

 発酵食品を使った約40種類の料理のほか、ノンアルコールの発酵ジンジャービアなどもあります。

 この時期に店をオープンしたのにはワケがありました。

コロナ禍でできること=発酵食品が結びついた

 発酵ヤード 山口 雄大さん:「コロナ禍でお客さんを元気にできるのはどういう店かを考え"発酵"をコンセプトに店をやりたいと」

 こちらの発酵食品専門店も2020年8月にオープン。

発酵カムカムに発酵カシスも

 味噌や醤油などの発酵調味料をはじめ、さまざまな発酵食品を販売しています。

 色鮮やかな人気の『発酵スムージー』。

カラフルで見た目から楽しめるスムージー

 野菜や果物のほか、自家製の甘酒が使われています。

 石井 祐里枝 アナウンサー:「甘い!しっかりマンゴーの味がします。お砂糖使ってないんですよね。甘酒の甘みでこんなに甘いんですね」

 こちらの店も、オープンに際して新型コロナウイルスの感染拡大を意識しました。

「コロナ」も意識しての開店

 きろろぽっくる 桜庭 那奈 店長:「ウイルスに負けない体作りが世間でも気になっていると思う」

「発酵食品」がなぜ いま…

 コロナ禍のいま、なぜ発酵食品が注目されているのでしょうか?専門家に聞きました。