きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

交差点で停車中の車に"追突"自ら通報…36歳男 呼気から基準約2倍アルコール 酒気帯び運転で逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

酒気帯び運転の現行犯で男を逮捕した北海道警厚別署

 酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとして、36歳の男が逮捕されました。

 酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、自称北海道苫小牧市に住む会社員の36歳の男です。

 警察によりますと男は10月16日午前4時10分ごろ、北広島市大曲並木1丁目付近の道路を酒気を帯びた状態で運転。信号待ちをしていた車に追突事故を起こし、自ら警察に通報しました。
 
 駆けつけた警察官が酒の臭いに気付き検査したところ、男の呼気から基準の倍近いアルコールが検出されたため逮捕しました。

 男は運送業の事務職で業務中ではなく、帰宅途中だったということです。

 追突された車の男性は軽傷です。

 警察が当時の状況を調べることにしています。