きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道新たに31人「高校のクラスター」12人増加 札幌12人 "第3波"か…全域で感染拡大状況に注意

友だち追加

 北海道内では10月16日、新型コロナウイルスで札幌で患者1人の死亡が確認されました。

 さらに新たに31人の感染が判明し、日高地方の静内高校では生徒12人の感染が確認されました。

 北海道内では16日、新型コロナウイルスで札幌市の90代の男性1人の死亡が確認されました。

 新たに感染が確認されたのは札幌で12人、空知地方で2人、後志地方で3人、日高地方で12人。さらに胆振地方と釧路地方でそれぞれ1人ずつの合わせて31人です。

 集団感染、クラスターが起きている新ひだか町の「静内高校」では生徒の男女12人が感染し、これまでの感染者は20人となりました。

 北海道によりますと生徒の身近な範囲で感染が確認されていて、残りの生徒と学校職員のPCR検査は17日約200人。18日には約80人の結果が出るということです。

 生徒の家族の検査も行っていて、さらに感染が拡大する恐れがあります。

 一方12人が感染した札幌市では、国勢調査員の70代の男性が感染。札幌市保健所によりますとこの男性の調査活動での濃厚接触者はいないということです。 

 またススキノの接待を伴う"夜の街"関連では4人の感染が確認され、合わせて61店舗207人となりました。

「第3波」到来なのか…

北海道内の感染者の状況

 北海道内では感染が拡大しています。
これまでの状況です。

●第1波:1月28日~3月26日 計168人

●第2波:3月27日~7月31日 計1260人
(第2波までは「北海道の有識者会議 中間とりまとめ」より)

●第3波か?:直近3か月    計1187人

 大きな波が来ていると言える状況になっています。改めて感染拡大防止の対策を心掛けましょう。