きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

札幌市1人死亡…90代男性 12人感染 1人"国勢調査"の男性調査員も判明 活動中の濃厚接触者なし

友だち追加

UHB 北海道文化放送

 札幌市は10月16日、新型コロナウイルスで1人が死亡し、新たに12人の感染が確認されたと発表しました。

 死亡したのは90代男性で、10月15日午後10時30分ごろ亡くなりました。

 北海道内での死者の確認は9月21日以来25日ぶりで、計108人となりました。


【10月16日札幌市発表の感染者情報】

・20代女性 従業員
・20代男性(職業非公表)
・女性(年齢・職業非公表)
・年齢・性別・職業いずれも非公表:すでに感染判明の20代男性アルバイトの濃厚接触者
・70代男性 公務員
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・30代女性 自営業
・20代女性 アルバイト
・50代男性 会社員:すでに感染判明の会社員(年齢・職業非公表)の知人
・男性(年齢・職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・年齢・性別・職業いずれも非公表:濃厚接触者は確認済み
・40代男性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み

 12人中6人の感染経路が不明です。

 札幌市によりますと、このうち70代男性公務員は現在行われている国勢調査の調査員で、10月9日に発熱し、10日に督促チラシを未回答の約20世帯に投函する業務をしていました。
 
 15日に陽性と判明し、区役所に報告したということです。

 10日の投函作業時は調査活動中はマスクを着用し、住民との接触はなかったということです。
 
 札幌市は調査活動中の濃厚接触者はおらず、感染拡大の恐れがないとして、担当地域は公表しないとしています。

 また、ススキノの接待を伴う飲食店、いわゆる"夜の街"関連が4人含まれていて、計61店舗、207人となりました。

 北海道内で感染者が2桁となるのはこれで20日連続で、感染者は計2450人となりました。