きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「通らなければ次ないかも」コロナ禍で"求人2割減" 半減の業界も…高校生の就活10月16日解禁へ

道内経済 友だち追加

 10月16日、高校生の就職活動の採用試験が解禁されます。

 新型コロナウイルスの影響で、2020年は1か月遅れてのスタートとなりました。それにより、様々な問題が出ています。

「これより、就職の事前指導を行います」

 札幌東商業高校です。3年生304人のうち、約3割が就職を希望しています。

 採用試験の解禁を前に、身だしなみや持ち物を確認するなどの最終の指導が行われました。

就活解禁を前に高校生には緊張感が漂う

 就職希望の生徒:「緊張してます」

         「今まで行ってきた企業見学のまとめや、何が重要だったのかとか自己PRなどを書いている」

 採用試験の解禁は、当初は2020年9月16日の予定でした。

採用試験の解禁は例年より「1か月遅れ」に

 しかし新型コロナウイルスの影響で臨時休校が長引いたことから「準備期間が足りない」として、厚生労働省が1か月の延期を発表したのです。

短い準備期間の中「直前の指導」に緊張感

 指導担当者:「持ち物を言って下さい」
 就職希望の生徒:「身分証明書と印鑑と筆記用具です」

 指導担当者:「手を動かさない」
 就職希望の生徒:「ちょっと緊張してしまって、すみません」   

 就職希望の生徒:「めちゃめちゃ緊張していたので、足が震えていた」

新型コロナウイルスが「就活」にも影響を…

 新型コロナウイルスは、高校生の就職活動に様々な影響を及ぼしています。

「準備期間の短さ」を指摘する声も…

 札幌東商業高校 進路指導部長 宮古 智浩 教諭:「生徒たちの準備期間が短くなった」

 就職希望の生徒:「第一希望が通らなかったら次はないかもしれない」

 悲鳴を上げる高校生。コロナ禍の就職活動に一体何が起こっているのでしょうか?

 10月16日、採用試験の解禁日を迎える高校生の就職活動。

 新型コロナウイルスの影響で臨時休校が長引き、例年より1か月後ろ倒しとなりました。その影響が様々なところに出ています。

コロナ禍で「進路指導」より「授業確保」優先に…

 休校を補うため授業時間の確保が優先され、進路指導に十分な時間を割くことができなかったというのです。