きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

思わず笑みがこぼれる…不思議な"ミニチュア"の世界 日常の光景を身近なもので表現 ほっこり和む作品展

コラム・特集 友だち追加

 身近にあるものを使って日常を表現したミニチュア展が、10月14日から北海道札幌市の大丸札幌店で開催されています。

 ユーモアあふれる不思議な世界に、思わず笑顔がこぼれます。

大波は…「デニム生地」

 サーファーが挑んでいるのは、デニム生地でできた大波。

椅子は「クリップ」で

 待合室のカラフルな椅子は、文房具のクリップでできています。

恐竜の化石も再現

 石井 祐里枝 アナウンサー:「横から見ると髪どめが並んでいますが、上から見ると発掘された恐竜の化石が表現されています」

 会場には、写真約120点と、実物のミニチュア作品約50点が展示されています。

「雲の合間」を飛ぶように見える飛行機

 ミニチュア写真家・見立て作家 田中 達也さん:「米を雲に見立てている。アクリルを浮かせることで、雲に見えてきませんか?」

「"ナ"イス」→「"ラ"イス」

 この作品名は、ハブ・ア・"ナイス"・トリップではなく、ハブ・ア・"ライス"・トリップ。

身近にあるものが作品に

 制作したのは、ミニチュア写真家で見立て作家の田中達也さんです。

 日常にある身近なものを、何かに見立てるのが特徴です。

ミニチュア写真家・見立て作家 田中 達也さん

 ミニチュア写真家・見立て作家 田中 達也さん:「見立てとは、簡単に言うと似ていると言うこと。みんなが知っているものを、知っている何かに変換する」

 「雲の形が犬に見えるという想像は、心に余裕がないとできない。その余裕を仕事の時とか日常に追われている時も持って欲しい」

ミニチュアの人が暮らしているみたいにも

 会場を訪れた人に、その魅力を尋ねると?

 来場客:「普段身近にあるものに、小さいミニチュアの人が一緒にいて、実際に存在しているように見えるのがすごい」

 また、会場にはこんな遊び心も。

指輪を雪だるまに見立てたロマンチックな作品

 石井 祐里枝 アナウンサー:「この作品は指輪で雪だるまが作られていて、2人の溶けない愛を表現しています」

「作品の中」に入り込む体験も可能

 石井 祐里枝 アナウンサー:「隣には大きな指輪が用意され、同じ世界観で写真を撮ることができます」

写真撮影も自由

 会場には、まるで自分が作品に入り込んだような巨大なオブジェも配置され、写真撮影も自由に楽しむことができます。

 ミニチュアライフ展2は、11月1日まで開催されます。